今日のテーマは定常光。昔は、定常光といえば、タングステンライトが一般的でした。タングステンライトは、光量は取れますが、とても熱くなります。モデルに近づけると、モデルが火傷をしない様に十分な配慮が必要でした。蛍光灯の照明機材が出てきて熱の問題は緩和されましたが、光量がちょっと物足りない。そして、最近、色々なところで使われているのがLEDです。価格も以前に比べると随分とお手ごろになりました。LEDはタングステンライトに比べると振動にも強いから持ち運びに便利。蛍光灯に比べると光量がある上に発熱が少ないというメリットがあります。
つばさの最近のお気に入りは、ソフトボックスやスヌートなどと組み合わせてLEDライトを使う撮り方です。定常光のメリットは、やはり影がしっかりと見える事。ストロボだと、モデリングライトがあっても、発光時のイメージを掴むのが難しくなります。大光量で、光を回してキリッと撮るならストロボでも良いんですが、ちょっと雰囲気を出したくなると定常光が本領を発揮します。
S064SMP180311_Ake_0008_P2B
上の写真は、モデルの前面に縦長の窓があり、そこにソフトボックス2灯を縦に配置した光を導いています。光の広がりが制限されるので、背景がしっかりと暗くなってくれました。
S064SMP180311_Ake_0045_PB
次の一枚は、想像を掻き立てるために、きわどいアングルから狙いました。ライトはグリッドをとおして向かって左上から当てています。モデルの顔の少しの傾きでも撮れる絵が変わります。モデルとしても、光の方向を掴みやすいので、ポージングをしやすいというメリットもあります。
S064SMP180311_Ake_0063_P2BT
鏡を使った撮影では、影もさることながら、実像と虚像のどちらにピントを合わせるかでも、雰囲気が変わってきます。ただ、鏡の質によっては、虚像が2重にだぶったりといったトラブルもありますから注意が必要です。モデルはカメラマンの位置から見て、自分がどの様に写っているのかは見えませんので、モデルの立ち位置などを細かく指示するのを忘れてはいけません。
S064SMP180311_Ake_0142_P2B
この写真は、モデルの後ろから強い光を当てました。モデルの前面よりも背中の方が明るいのが分かると思います。後ろからの光だけでも撮れますが、バランスを整えるために、手前からも少し光を補いました。屋外で太陽を背にして撮影をして、レフ版で前の光を起こすのと同じ要領です。
S064SMP180311_Ake_0174_P2B
最後の一枚は、壁を背にして一灯炊きです。壁に写る影も気にせずライトを当てて、コントラスト高めの絵を狙いました。モデルが「つばささん、こんなの好きでしょう」と、片目を隠す。。。 おなじみのモデルとだと、意思の疎通も良くスムーズに撮影が進みました。

今回のモデルは、つばさフォトでお馴染みのAkeさん。来月のセクシー系の撮影会に備え、3か月前から体作りをしてきた頑張り屋さんでもあります。

つばさフォトのトップへ
格安のハウススタジオ:鎌倉山スタジオ